スペイサイド地方

スペイサイド地方のスコッチウイスキーのおすすめ

更新日:

スコットランドで一番多くの蒸留所がある、スペイサイド地方のスコッチウイスキーを紹介していきます。

スペイサイド地方とは

ハイランド東部のデブロン川、スペイ川、ロッシー川周辺の地域を指します。

面積はハイランド、ローランドに比較して小さいですが、ここには、スコットランド全蒸留所のうち約半数に当たる、およそ50もの蒸留所があります。密造時代にはなんと1000もの蒸留所が存在したそうです。

スペイサイドは、大麦の収穫量が多く泥炭(ピート)が豊富な点が特徴で、そのモルトは「風味豊かかつ華やかさがあり、そのバランスが絶妙」とされており、飲みやすい王道タイプのウイスキーが多いです。

スコッチウイスキーの初心者は、このスペイサイドのウイスキーから飲むのがおすすめです。

 

では、おすすめのスコッチウイスキーを2つご紹介いたします。

ザ・マッカラン 12年

スコッチウイスキーの王道といえば、マッカラン。
「シングルモルトのロールスロイス」と評されています。

マッカランの特徴は、シェリー樽熟成による、ドライフルーツのような上品な甘さと華やかな香りです。
ウイスキーの中でも飲みやすい部類に入る銘柄なので、ウイスキー初心者にも非常におすすめです。

バーでは、1,200円~1,500円前後で楽しむことができます。

自宅用は、700mlで8,000~9,000円台とやや値が張りますので、
まずは、3,000~4,000円台の350mlボトルを手に取ってはいかがでしょうか。

ザ・マッカラン 12年

種別:シングルモルト
地域:スペイサイド(スコットランド)
特徴:ドライフルーツのような上品な甘さと華やかな香り、飲みやすさ

ザ・グレンフィディック 12年

スコッチウイスキーの名門・グレンフィディック蒸留所が、世界で初めて売り出したシングルモルトウイスキーです。

グレンフィディックの特徴は、スムーズな口当たりとレモンや洋梨のようなフルーティーな香りです。
バタースコッチやオークなどの複雑な味わいも、かすかに感じることができます。

バーでは800円~900円前後、
自宅用は、2,000~3,000円台で手に入りますので、試しやすいのも嬉しいところです。

ザ・グレンフィディック 12年

種別:シングルモルト
地域:スペイサイド(スコットランド)
特徴:スムーズな口当たりとレモンや洋梨のようなフルーティーな香り

 

 

代表的なスコッチウイスキーを2つご紹介しました。
スペイサイドは多くの銘柄を輩出していますので、自分の好きなウイスキーが見つかるかもしれませんね。

お気に入りのスコッチは見つかりましたか?

AMAZONでスコッチの一覧を見る

スポンサード広告




スポンサード広告




-スペイサイド地方