ローランド地方

ローランド地方のスコッチウイスキーのおすすめ

更新日:

モルトウイスキーとグレーンウイスキーを生産するローランド地方。
そのおすすめを2つ見ていきましょう。

AMAZONでスコッチの一覧を見る

ローランド地方とは

ローランドは、スコットランド南部に位置し、ハイランドの次に広大な土地を有しています。
かつては多くのモルトウイスキー蒸留所がありましたが現在は3つの蒸留所のみ。
対して、グレーンウイスキー生産は、現在もさかんに行われています。
ローランド地方の特色である3回蒸留を守り続けるオーヘントッシャン (Auchentoshan)は、現在サントリーが所有しています。

くせがなく飲みやすい味と甘い香りが特徴です。

 

キャメロンブリッジ

キャメロンブリッジは、世界で一番最初にグレーン・ウイスキーを生産した蒸留所として名が知られています。

その特徴は、シェリーとキャラメルのようなまろやかな味わいと甘酸っぱい後味です。

珍しい銘柄のわりに3,000円台で手に入るのがうれしいところです。

キャメロンブリッジ

種別:シングルグレーン
地域:ローランド(スコットランド)
特徴:シェリーとキャラメルのようなまろやかな味わいと甘酸っぱい後味

オーヘントッシャン 12年

1800年ごろに創業し、伝統的な3回蒸留製法で造られているモルトウイスキーです。
その特徴は、香ばしいアーモンドとキャラメルの香りとライトな味わいです。

価格は3,500~4,000円程度。
加水はせず、ストレートで飲む方がおいしく味わえます。

オーヘントッシャン 12年

種別:シングルモルト
地域:ローランド(スコットランド)
特徴:香ばしいアーモンドとキャラメルの香りとライトな味わい

グレーンウイスキーとモルトウイスキーを一つずつご紹介しました。
ぜひ手に取ってみてください。

お気に入りのスコッチは見つかりましたか?

AMAZONでスコッチの一覧を見る

スポンサード広告




スポンサード広告




-ローランド地方