日本

日本のウイスキー(ジャパニーズウイスキー)のおすすめ

更新日:

近年盛り上がりを見せている日本のウイスキー(ジャパニーズウイスキーとも言います)。
その特徴やおすすめについて、ご紹介していきます。
輸入ものと比較して安価に楽しむことができるものも多い、日本のウイスキー。
お気に入りの一本が見つかると嬉しいです。

ジャパニーズウイスキーとは

ジャパニーズウイスキー(英語: Japanese whisky、ウヰスキーとも表記)とは、日本で製造されるウイスキーのことです。

ジャパニーズウイスキーは、スコッチウイスキーを参考に製造されているので、似通ったテイストの銘柄もあります。

※スコッチウイスキーについては、こちら

スコッチウイスキーのおすすめ

 

ジャパニーズウイスキーの特徴

ジャパニーズウイスキーの味わいの特徴は、スコッチウイスキーよりもスモーキーさを抑えた軽い口当たりと言われています。

樽には、ミズナラを使用していることが多く、その味わいをより芳醇にしています。
最近はホワイトオークの樽も目立つようになりました。

ただ、その銘柄によって味わいは多種多様なので、一括りにはしずらいです。

その理由は、製造過程にある特徴です。

ジャパニーズウイスキーは、シングルモルト、シングルグレーンだけでなく、ブレンデッドウイスキーも数多く存在するのですが、そのブレンド方法はスコッチウイスキーと異なります。

スコットランドでは、ひとつの蒸留所ではひとつの原酒(モルト、グレーン)が生産されるのが一般的で、その原酒は売買されています。
その原酒をブレンダーと呼ばれるブレンド専門家が、それぞれの蒸留所から買い集めて、ウイスキーをブレンドしています。
そのため、ブレンデッドウイスキーの銘柄とその原酒の蒸留所とが一致しないことが通常です。

それに対して日本では、ひとつの蒸留所が複数の原酒を生産していることが一般的です。
よって、銘柄と蒸留所とが一致していることが大半なのです。

ブレンドのためにスコットランドから原酒を取り寄せることはあるそうですが、その逆はほぼないため、日本のウイスキーはより個性に飛び、真似されないものになっていきました。
その結果、多種多様な味わいが、ジャパニーズウイスキー全体の特徴となったそうです。
複数の原酒を製造することは簡単ではないので、蒸留所の苦心が実って日本のウイスキーは飛躍していったんですね。

 

ジャパニーズウイスキーの歴史

日本に初めてウイスキーが伝わったのは、江戸時代末期の1853年、黒船来航のときだそうです。
ペリーが乗っていた軍艦の上で、奉行や通訳にウイスキーが振舞われたと言われています。

それ以降は、幕末~明治時代初期にかけて、

1860年:西洋式ホテルである横浜ホテル内のバーでウイスキーが置かれる
1871年:猫印ウヰスキーが日本人用に輸入される

等の記録が残っています。

薬だったウイスキー

明治時代初期、ウイスキーなどの酒類は「薬」とされていました。当時は関税が低かったため安価だった海外製酒精アルコールを薬屋が入手し、加糖するなどして、薬として模造ウイスキーを生産していました。

明治政府は、この動きを抑制しようと様々な法律で規制しようとします。

結果的には、1911年の日米通商航海条約によって日本の関税自主権が復活、海外製酒精アルコールに高い関税をかけたために、この動きは抑制されていきました。
そして、国産のアルコール作りがさかんになっていきます。

日本ウイスキーの創業者

明治時代末期~大正時代、日本でウイスキーを製造する動きが見られるようになります。
中でも有名なのは、鳥井信治郎、竹鶴政孝、の2名でしょう。

鳥井信治郎とは

鳥井信治郎(1879-1962)は、「角」「山崎」等の有名銘柄を生産しているサントリーの創業者です。

彼は、20歳のときに鳥井商店(後に寿屋洋酒店に改名)を設立、洋酒の輸入販売や調合ウイスキーの販売を始めます。
当時のワインは日本人好みではなかったため、日本人向けに独自に改良した「赤玉ポートワイン」を販売。独立からわずか7年で爆発的成功をおさめます。

その鳥井が次に志したのが、本格的な国産ウイスキーの製造販売でした。

スコットランドやアイルランド以外ではウイスキーは造れないと言われていた時代に、スコットランドでウイスキー留学をしていた竹鶴政孝が、1920年に帰国します。

旧知の仲であった竹鶴が当時の就職先を退社したタイミングで、寿屋洋酒店にヘッドハンティングします。
二人の議論の末、大阪の地に「山崎蒸留所」が完成したのは1924年。鳥井が45歳のときでした。

1929年:白札(現:サントリーホワイト)発売
1937年:角瓶(現:角)発売

戦時中に山崎蒸留所は焼けてしまいましたが原酒は守り抜き、戦後はGHQに国産ウイスキーを売り込むなどして、戦後のウイスキー業界発展の礎を築きました。

 

竹鶴政孝とは

竹鶴政孝(1894-1979)は、「ブラックニッカ」等でおなじみのニッカウヰスキーの創業者です。近年はドラマ「マッサン」のモデルとして再び脚光を浴びました。

彼は酒造業を営む竹鶴家に生まれます。
酒造りをする父親を見て育った竹鶴は、大阪高等工業学校(現:大阪大学工学部)の醸造科にて学びますが、洋酒製造に興味を持ったため、卒業を待たずして大阪市の摂津酒造に入社します。
摂津醸造では洋酒の製造部門に配属され、技術者として出世していきます。

当時、海外の模倣ウイスキーばかりが製造されていたため、純国産ウイスキーを製造しようと考えた摂津醸造は、1918年、竹鶴をスコットランドへ派遣。
彼はグラスゴー大学で化学を学び、現地の蒸留所に頼み込んで修行させてもらうなどして、スコッチウイスキー造りを学びつくします。
そして、下宿先の娘であったリタと国際結婚し、リタを連れて1920年に帰国しました。

研修結果を通称「竹鶴ノート」にまとめて会社に提出し、社を揚げてウイスキー製造を計画しましたが、戦後恐慌による資金不足でとん挫してしまいます。

竹鶴は失意のまま会社を退職し化学教師をしていたところ、鳥井信治郎から声を掛けられ、山崎蒸留所の初代所長として寿屋洋酒店に迎えられました。
ここではウイスキー造りと後継者教育に10年間尽力します。

10年が経った1934年、自分でウイスキーを製造したいと考えた竹鶴は会社を退職して、北海道余市郡の地に大日本果汁株式会社を設立します。

なぜ「果汁」なのか??
ウイスキー製造には時間がかかるため、熟成が終わるまでの期間にリンゴジュースを製造していたからなのです。

1935年:日果りんごジュース 発売
1940年:ニッカウヰスキー 発売

帰国から竹鶴のウイスキーが世に出るまで、足掛け20年での達成でした。
以降、日本のウイスキー製造をけん引する重要人物となりました。

 

ジャパニーズウイスキーのおすすめ

日本のウイスキーは、海外で数々の賞を受賞するまでに成熟し、2010年以降は輸出額が急増するなど一気に世界のメジャーウイスキーとなりました。

今回はその中でも代表的なウイスキーを5つ紹介いたします。

山崎 12年

鳥井信治郎が建てた山崎蒸留所の名を冠している、サントリーの代表的なシングルモルトウイスキーです。
その特徴は、果実とバニラを思われる香りと甘み、複雑で繊細な味わいです。
高価な一品ではありますが、試す価値は価格以上。まず手に取ってみてはいかがでしょうか。

山崎 12年

種別:シングルモルト
地域:大阪府三島郡(日本)
特徴:果実とバニラを思われる香りと甘み、複雑で繊細な味わい

知多

ジャパニーズウイスキーの特徴といえば、グレーンウイスキーの製造も活発であること。
それを印象づけているのが、知多の存在です。
知多蒸留所は複数のグレーンを生産している珍しい蒸留所で、知多はその原酒のブレンドから生まれています。

特徴は、ハニー系の甘い香りと、スムースに広がる味わいです。
和食とのマッチングも良いので、食卓で飲めるのも嬉しいところです。

知多

種別:ブレンデッドグレーン
地域:愛知県知多市(日本)
特徴:ハニー系の甘い香りと、スムースに広がる味わい

1937年、鳥井信治郎が改良に改良を重ねて製造したウイスキーです。
ハイボールの提唱や、ハイカラ(ハイボール+からあげ)の提案により、近年のウイスキーブームの火付け役にもなりました。

その特徴は、豊かなコクと甘さ、さわやかな後味です。
安価なので自宅用にも最適です。

種別:ブレンデッド
地域:大阪府三島郡(日本)
特徴:豊かなコクと甘さ、さわやかな後味

ブラックニッカ クリア

ニッカウヰスキーの定番銘柄です。

創業者である竹鶴政孝の「ウイスキーをより多くの人に届けたい」という思いから、スモーキーフレーバーのないノンピートモルトを使用しています。

樽由来の木の香りと甘み、まろやかな口当たりが特徴です。
角よりもさらに安価なので、こちらも自宅用に最適ですね。

ブラックニッカ クリア

種別:ブレンデッド
地域:北海道余市郡(日本)
特徴:ノンピート香、樽由来の木の香りと甘み、まろやかな口当たり

イチローズ モルト&グレーン ホワイトラベル

サントリーとニッカが市場の9割を占める中で登場した、国内唯一のウイスキー専業メーカー、ベンチャーウイスキーです。

創業者である肥土伊知郎氏(あくといちろう)は、紆余曲折を経て、出身地である埼玉県秩父市に蒸留所を構えました。

スコットランドやケンタッキー州とはまったく違った気候や、ミズナラやアメリカン・オークなど様々な種類の樽、その樽の自主生産にチャレンジする等の要素から、独特のウイスキーが出来上がりました。

かんきつ系のさわやかでスイートな香りと、コクのある余韻が味わいの特徴です。
未だに希少銘柄なので、バーで見つけたらぜひ味わってみてください。

イチローズ モルト&グレーン ホワイトラベル

種別:ブレンデッド
地域:埼玉県秩父市(日本)
特徴:かんきつ系のさわやかでスイートな香りと、コクのある余韻

世界に通用するクオリティと日本人の味覚に合った味わいを兼ね備えたジャパニーズウイスキー。
ぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

スポンサード広告




スポンサード広告




-日本