飲み方

ウイスキーのおすすめの飲み方

更新日:

海外では、ストレートで飲むことが多いウイスキー。

しかし日本では、ストレート以外にもいろいろな飲み方(割り方)で楽しめるからこそ、ウイスキーは大人気になりました。

その飲み方のおすすめを紹介していきます。

 

ウイスキーの飲み方 ベーシックな5選

まずは、基本の飲み方を解説していきます。

ストレート(straight up/NEAT)

ウイスキーをグラスに入れ、そのまま楽しみます。
度数が40度前後と高いので、なめるようにゆっくりと味わうのが醍醐味です。
チェイサー(水)と交互に飲むと、酔いのペースが抑えられるのでおすすめです。

また、スポイトで数滴水を足す(加水する)ことで、香りの変化も楽しめます。

ロック(on the rocks)

口の広いロックグラスに大きめの氷(丸氷)を入れ、氷を溶かしながら飲みます。
氷が溶けていくので味がゆっくりと変わっていくのが特徴です。
ストレートよりも飲みやすく、ウイスキーのおいしさも味わえます。

ハーフロック(half rock)

ロックグラスに大きめの氷(丸氷)を入れ、ウイスキーと水を1:1で注いで飲みます。
水によってウイスキーの甘みが引き出されるので、ウイスキー初心者でも楽しめる飲み方です。

水割り(whisky and water)

水割りグラスいっぱいに氷を入れ、ウイスキーを注ぎます。
マドラーで混ぜてウイスキーを冷やし、氷を足してから水を入れて飲みます。
ウイスキーと水を1:2で入れるとおいしいです。

ハイボール(whisky and soda)

大きめのグラスやジョッキいっぱいに氷を入れ、ウイスキーを注いでマドラーで混ぜます。
ソーダを適量注ぎ、マドラーで一回回して完成です。
レモンと相性がいいので、レモンスライスを添えるのもおすすめです。

 

ウイスキーの飲み方 こだわりの4選

次に、こだわりの飲み方を紹介していきます。
バーでこんな頼み方をしてみると、ウイスキー通と言われそうですね。

ミスト(mist)

ロックグラスにクラッシュアイスを入れ、ウイスキーを注ぎます。
マドラーで混ぜ、お好みでレモンスライスを入れて飲みます。
クラッシュアイスが早めに溶けるので、味がさわやかに変化するのを楽しみましょう。

トワイスアップ(twice up)

グラスにウイスキーを注ぎ、同量の水を注いで飲みます。
最近流行っている飲み方のひとつです。
ウイスキーは加水すると香りが引き立つので、その香りを楽しみながら飲みましょう。

ホット(hot whisky)

お湯を入れ温めたホット用グラスに、ウイスキーを注ぎます。
ウイスキーの2~3倍量のお湯を加え、軽く混ぜて飲みます。
冬に人気の飲み方です。ジンジャーやシナモンを加えるとさらに飲みやすくなります。
冷え性の女性や風邪のひき始めの方、体が温まりますよ。

ウイスキーフロート(whisky float)

グラスに氷を入れ、7分目まで水を注ぎます。
上からゆっくりとウイスキーを注ぎ完成です。
ウイスキーは水より重いので、だんだんと下がってきます。
それに合わせて味が変化していきますので、その変化を楽しむことができます。

 

以上が、ウイスキーの飲み方全9選です。
ウイスキーによって、合う飲み方は違います。
自分の好きなウイスキーに合う飲み方をバーで聞いてみるといいかもしれませんね。

※画像の出典はすべて(http://www.suntory.co.jp/whisky/beginner/drink/)

 

ウイスキーカクテルの種類

次に、ウイスキーを使って作られているカクテルを紹介していきます。

カクテル好きの方、ぜひこちらをチェックしてみてください。

スコッチウイスキーでつくるカクテル

ゴッドファーザー

アーモンドのような甘い香りがウイスキーの味わいと合うカクテルです。

<材料>

スコッチウィスキー 45ml
ディサローノ・アマレット 15ml

<作り方>

1.氷を入れたロックグラスに材料を注いで、軽くステアする

 

ハイランドクーラー

レモンのさわやかさが特徴のカクテル。ぜひハイランドのウイスキーで作ってみてください。

<材料>

スコッチウィスキー 40ml
レモンジュース 20ml
シュガーシロップ 1tsp
アンゴスチュラビターズ 2dash
ジンジャーエール 適量

<作り方>

1.材料(ジンジャーエール以外)をシェイカーでシェイクし、氷を入れたグラスに注ぐ
2.冷やしたジンジャーエールを注ぐ

 

ラスティネイル

ドランブイの甘さが特徴のスコッチウイスキー・カクテルです。

<材料>

スコッチウイスキー 40ml
ドランブイ 20ml

<作り方>

1.ロックグラスに氷を入れ、材料を注いでステアする

 

スコッチウイスキーのおすすめはこちら

バーボンウイスキーでつくるカクテル

マンハッタン

バーボンのカクテルといえば、「カクテルの女王」マンハッタンが有名ですね。

<材料>

バーボンウイスキー 45ml
スイートベルモット 15ml
アンゴスチュラ・ビターズ 1dash

<作り方>

1.ミキシンググラスでステアして、カクテルグラスに注ぐ
2.チェリーを飾る

ニューヨーク

オレンジ色の鮮やかさが特徴のカクテルです。
お好みでオレンジピールを加えると、より香り高くなります。

<材料>

バーボンウイスキー 45ml
ライムジュース 15ml
グレナデンシロップ 1/2tsp
パウダーシュガー 1tsp

<作り方>

1.材料をシェイカーに入れシェイクする。
2.カクテルグラスに注ぐ

カウボーイ

ミルクのなめらかさと甘さが特徴の、ウイスキーとは思えないカクテルです。
飲みやすいのでウイスキーが苦手な方にもおすすめです。
ダークラムを入れると、より大人の味わいに。

<材料>

バーボンウイスキー 30ml
ミルク 50ml
生クリーム 10ml
パウダーシュガー 1tsp

1.材料をシェイカーに入れてシェイクするか、直接グラスに注いで軽くステアする
2.グラスに注ぐ

バーボンウイスキーのおすすめはこちら

その他のウイスキーでつくるカクテル

アイリッシュコーヒー

コーヒーの苦みとシュガーや生クリームの甘みが特徴の、温かいカクテルです。

<材料>

アイリッシュウイスキー 30ml
ホットコーヒー 適量
角砂糖(ブラウンシュガー) 適量
生クリーム  適量

<作り方>

1.耐熱グラスにホットコーヒーを淹れ、角砂糖を入れる
2.ウイスキーを注いでステアする
3.生クリームを乗せる

 

今回は、ウイスキーの飲み方と、ウイスキーカクテルについてまとめました。
ぜひ一度試してみてくださいね。

スポンサード広告




スポンサード広告




-飲み方